FC2ブログ


今日の大相撲中継

Category: Diary  

7/21

名古屋場所十四日目、実況藤井アナ解説琴風だった。
独特の言葉遣いで全力士への愛情溢れる解説を、舌っ足らずな口調で語る親方。

富山の星・朝乃山の評価が素晴らしかったなぁ。この力士は寡黙な相撲を取りますね。肉の詰まったいい体です。北天祐みたいなね。
って。
「寡黙な相撲」「肉の詰まった」こんな表現聞いたことなかったなぁ。
朝乃山はすっきりした顔のイケメン力士で、マゲ結えるようになったのも去年ぐらいの若者。
その朝乃山のライバルが、新潟の星・豊山。朝乃山よりもうちょっと攻める顔付きのイケメン力士。同期なので同じくマゲ結うようになったばっかり。
それからやっと初日の出た嘉風。琴風は師匠だけど、「私がここで原因を言うのは彼の意に沿わないでしょうから」とやはり内緒のまま。
そんな嘉風がやっと勝って、場内優勝したかのような割れんばかりの拍手喝采。みんな嘉風大好きだからね。
こんな力士を育てて、長く長く土俵に上がれるだけの身体を作ってやって、充分に愛情注いで弟子からも充分尊敬されてて、琴風ってすげー。
それから勢のこと。「彼はねー、歌が上手いんです。それで、どこに行っても気安く歌ってくれます。ファンのみなさんもよくご存じで、だからこんなに人気があるんですね」って、孫の自慢する爺さんみたいに嬉しそう。
そして長野の星・御嶽海。「長野では圧倒的な人気でね。巡業に行くと横綱よりも声援がありますよ。それとどこの会場でも大応援団ですしね」
そんな御嶽海が初優勝。すごいねー。びっくりだね。
でも、次の大関は御嶽海だろうってみんな思ってるうちに栃ノ心がなっちゃったからなぁ。
それにしても今場所の大関はふがいなかった!
来場所御嶽海が大関取りだ!


それからたまたま稀勢の里の記事も読んだ。親方をバカにして口も聞かないとか親の言うことも聞かないとか。
でもこれはさすがに、親方って言っても尊敬してた師匠隆の里ではないからね。
弱い兄弟子が隆の里の部屋を継いだだけのことだから、横綱の悩みに適切にアドバイスできるとは思えないよ。
白鵬の親方もそうだけど。鶴竜の親方なんか逆鉾だし。自分を超えて横綱になっちゃったような弟子に、アドバイスなんかできないでしょ。
って、考えてみれば、親方も横綱だったのは現役では日馬富士だけだったんだよ。旭富士が育てた横綱だったから。
今場所日馬がいたら、絶対休場なんかしてなかった。
これ一つでも、どれだけの損失だったか。


しかし時代は動いてるんだな。もう次の世代が全部乗っ取る勢いだもん。
もう今場所の優勝決まっちゃったから、次の場所を楽しみに生きていこう。



back | menu | next
スポンサーサイト

 


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

categories

counter




.