FC2ブログ


6-7

Category: JOY  

 玄関から入ってすぐのダイニングキッチンで、ブルゾンを横に置いて大沢は正座していた。
 浅井にそうしろと言われたからだ。
 ダイニングキッチンとは言え、テーブルも椅子もないので広く感じる。静かな中、冷蔵庫だけが動いている音を立てている。浅井が奥の部屋に入って行ってエアコンをつけたので、少し暖かい風を感じた。
 そして浅井がジャケットを脱いで戻ってきた。

 思い切り髪を短くして、少し色を入れて、メガネを外して、短めのスカートにヒールのブーツ。
 確かにいつもの浅井さんとは180度印象が違う。だからと言って俺は間違わないよ。
 大沢はそう思って、浅井を見つめる。



 こんなに外側を変えてもごまかされなかったあなたは、私の何を見ていた?
 浅井はそれでもまだ、大沢を全面的には信用しない。
 これから厳しいテストをするから、覚悟して。
 浅井はそう思って、大沢を見下ろす。


 室温が適度に暖かくなってから電気を暗くして、浅井が正座する大沢の前に膝をついた。
 そして右手で大沢の耳に触れ、左手を大沢の膝に置き、顔に唇を近づけた。
 大沢は息を止めてそれを待ちながら、両手を浅井の腰に伸ばした。

 その途端に浅井が両手で大沢の胸を突いた。

「私の体に触れないでって言ったでしょ?」

 大沢が、はっ、と息を吸った。 
 浅井がまた大沢に近づき、その身体の端から触れ始める。耳、指、腿、首。
 大沢は浅井から目を逸らして、大きく息を吐いた。
 浅井の唇が大沢の顎に触れた。
 大沢はきつく目を閉じた。

 仕返しだ。これはこの前の。ここで自分が浅井さんにしたことの。
 指一本触れるなと。何をされても。どれほど誘われてもどこまで煽られても。耐えろと。
 耐えろと言うなら、耐えるよ。とりあえずそう覚悟した。

 細い指が首を撫でて顎を持ち上げ、柔らかく唇が寄ってきてキスされた。何度か啄まれ、そろりと舌が差し込まれる。心臓が速くなり息が苦しくなるが、反応しないように動かないように耐えていた。そのはずなのに、また急に浅井が両肩を掴んで離れた。

「触れないで。あなたは動かないで」

 また睨むようにしてそう命令してくる。
 何もしていない、何のことを言っているのかわからない、と大沢が首を振った。
 浅井が応えた。

「舌が動いた。あなたの愛撫はいらないの。じっとしてて」

 何のために。何の理由で。そんなことも訊けない。
 恐らく仕返しだから。
 自分はそれを受けるしかない。
 だから大沢は頷いた。

 そして再度、浅井の指が大沢の頬を撫で上げて耳を弾き、今度はキスがまぶたに落ちる。
 大沢は目を閉じ息を切らし唇を噛み、動かないように耐えている。
 指は首を辿りシャツの襟を摘まみ、パーカーのジッパーをゆっくりと下ろした。そしてまた顎を持ち上げて唇にキスする。それと同時に、片手でパーカーの腕を抜かせて脱がせていく。
 中は黒のシャツ一枚。まだ室内は肌寒いはずだが大沢は感じていない。それどころじゃないから。
 このまま脱がされ、浅井さんに攻められ、どこまでも手を出さずに耐える。これが一体何の仕返しになるんだろう。
 シャツの裾を潜った指が腰を撫でてくすぐったい。違う意味で耐えられる気がしなくなってきたけれど、これの何が仕返し?
 そう疑問に思った時に、浅井が耳元で囁いた。



「昔の話、聞きたいんでしょ?」



back | menu | next
スポンサーサイト

 


Comments


 管理者にだけ表示を許可する


12  « 2019_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

categories

counter




.